クリニックブログ

あなたは大丈夫? バストの悩みとクーパー靭帯

0105_04

形の良い乳房は女性の素晴らしい魅力の一つですよね。
しかし歳を取るにつれ、胸の形や位置をキープするのが難しくなってきませんか?
今回は、女性のバストを下垂から守る働きをしている「クーパー靭帯」とはどんなものなのか。
また、その「クーパー靭帯」を元気にし、美しいバストを作る為のケアをご紹介していきたいと思います。

クーパー靭帯とは

乳房はその殆どが脂肪で出来ていて、乳房の中に筋肉はありません。
筋肉に代わって、乳房の重さを上に引っ張り支えるゴムのような働きをしているのがクーパー靭帯です。
クーパー靭帯は筋肉と乳腺を繋いで乳房の下垂を防いでいます。
しかしこのクーパー靭帯は繊細なので、刺激をたくさん受けると伸びてしまったり、切れてしまう可能性があるので注意が必要です。

切れてしまったクーパー靭帯は自然には元通りにはなりません…。
クーパー靭帯を正しくケアし、守ってあげる事が大切なのですね。

クーパー靭帯を取り巻く筋肉や皮膚を鍛える

0105_05

クーパー靭帯を直接強くする事は難しいので、周りの筋肉や皮膚を鍛えてクーパー靭帯の負担を軽くしていく事がバストアップには必要不可欠です。
鍛えるべき筋肉とは具体的には大胸筋と小胸筋です。
大胸筋は腕立て伏せや、ダンベルを使ったストレッチが効果的。

小胸筋は大胸筋に比べると知名度の低い筋肉ですが、実はよく働いていて、疲労がたまりやすい筋肉ですので、筋力が弱まってしまわないよう日々のケアが必要です。
胸や背中のストレッチをして固まった筋肉をほぐしてあげたり、伸びをして背筋を良くするだけでも疲れた小胸筋をサポートする事が出来ます。
小胸筋を鍛える事は大胸筋の発達を助け、クーパー靭帯の支えにもなりますので、なるべく毎日実践していきましょう。
そして皮膚のケアとは、具体的に言うと「保湿」です。
顔と同じように胸の皮膚も年齢と共にたるんできてしまいますので、保湿クリームを塗るなどのケアをしてあげる事が重要になります。
肌にハリを与えてあげる事でクーパー靭帯の負担も減り、バストアップに繋がるのです。

状況に合ったブラジャーを使用する

0105_06

ブラジャーをシーンに合わせて変えることも、乳房の形を守る為にはとても大切な要素です。
自分に合ったブラジャーをする事はもちろん大切ですが、激しいスポーツをする時にも通常のブラジャーをしていてはクーパー靭帯を痛めてしまいます。
スポーツをする時にはスポーツタイプのブラジャーを、寝るときにはナイト用のブラジャーを着用すると、クーパー靭帯の負担を減らす事ができ、バストアップにとても効果的です。

バストアップとクーパー靭帯について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
クーパー靭帯は切れてしまうと回復が難しい器官ですが、伸びてしまっているだけなら、筋肉や皮膚のケアをしていく事によって、必ず改善していく事ができます。

毎日少しの努力とケアを心掛けて、重力に負けない上向きな美しいバストを目指しましょう!

メール相談カウンセリング予約