豊胸手術の川崎中央クリニックTOP > ピュアグラフト豊胸術


ピュアグラフトとは?
ピュアグラフトとは、ご自身の脂肪細胞を注入し、バストアップを図る豊胸術です。ご自分の脂肪細胞を活用するため、アレルギー反応や異物反応の心配がなく安全で仕上りも自然です。特殊なろ過システムを用いて不純物を除去し濃縮された純度の高いピュアな脂肪細胞のみを注入することで、従来の脂肪注入による豊胸術と比べしこりや石灰化のリスクが軽減されます。
当院では脂肪の生着率をさらに高めるために、患者様ご自身の血液から採取したPRPを濃縮脂肪と同時に注入する施術プランも実施しております。
川崎中央クリニックの“ピュアグラフト豊胸術”3つの特徴
@ 高い脂肪吸引技術
最近の美容外科では脂肪吸引の際、「ベイザー」「BodyJET」など...医師の技術ではなく新しい機械に頼る傾向があります。しかし、大切なのは「機械が手術する」のではなく「術者、自らの技術で手術をする」という事です。皮下脂肪の厚さや硬さは、各々の付き方、また身体の部位により全く異なっている為、 機械ではなく術者が実際に手で十分に確認しながら最大限に吸引してあげることが、 脂肪吸引手術を成功に導く最も大切なことだと考えています。当院では、手術の技術としてSuperficial Lipo-Suction(表皮直下まで吸引する技術)やTumescent Lipo-Suction(腫れと内出血を最小限に食い止める吸引技術)といった難易度の高い手技によって、美しい仕上がりをお約束します。

そして高度な技術をもって、良質な脂肪を壊さず吸引し、活性度の高い幹細胞と高純度の脂肪細胞で生着率の高い脂肪注入法を実現しています。
A 幹細胞は残し、死活細胞・水分などの不要物を除去する“分離技術”
脂肪の生着率を高めるには、脂肪吸引で採取した際に含まれている不純物(死活細胞や老化細胞)を除去し、濃縮された高純度の脂肪細胞を精製することが必要です。通常の遠心分離器では細胞の選定は不可能で、脂肪細胞にもダメージを与えてしまいます。ピュアグラフトシステムは特殊な2枚のフィルターで不純物をを取り除きます。ピュアグラフト内部の1枚目のフィルターで血球成分や脂分、水分などを濾過し、2枚目のフィルターで透析の濾過原理を応用して、最小限まで水分を除去し脂肪細胞のみを残します。
そして必要な幹細胞を残したピュアな濃縮脂肪細胞をバストに注入することで、従来の脂肪注入よりも生着率をさらに高めることが可能となりました。

<生着率を高めるには幹細胞が重要>

幹細胞は、いろいろな細胞に変化する能力や、分裂を繰り返し増殖し体の様々な組織をつくる特殊な細胞です。幹細胞は注入されると新しい脂肪細胞になったり、その脂肪細胞に血液を送る血管になります。そして栄養と酸素が行き渡るようになり、脂肪細胞の生着率が高まります。
【一般的名称】 洗浄器キット
【販売名】 PGバック
【医療機器製造販売届出番号】 13B1X10155000010
【クラス分類】 (T)※医師免許での輸入製品が大半(コンデンスリッチ)ですが、国内での届出をしており、薬事・医師法を順守した販売を行っております。
この為、不具合等の対応は全て日本法人が行うので、安心してご使用になれます。
【特徴】 組織の洗浄時間は約15分と短く、滅菌閉鎖型の洗浄キットを用いる為、組織のコンタミネーションリスクが軽減されます。PGバッグを用いたことで麻酔薬・赤血球・脂細胞を除去できます。
B しこり(石灰化のリスク)を最小限に留める“注入技術”
脂肪注入という術式は注入した脂肪が生着することで、半永久的にサイズを保つことができます。しかし、生着できなかった脂肪細胞は壊死し、しこりとなってバストに残ってしまします。当院では、細かく精製した脂肪をW-PRPと混ぜて、細かい層へ入れることで非常に高い生着率を実現する術式を用いています。この術式を行うことで、石灰化のリスクを減らすと同時に術後の痛みを抑えることが可能となります。

<生着率を高める“W-PRP”>

当院では脂肪の生着率をさらに高めるために、患者様ご自身の血液から採取したPRPを濃縮脂肪と同時に注入する施術プランも実施しております。
W-PRPとは? 自己血液に含まれる血小板を高濃度に濃縮させた、血小板を多く含むPRP「多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう Platelet-Rich Plasma)」に濃縮した適量の白血球を混入したもの。
こんな方におすすめ
ピュアグラフト豊胸術とはどんな方におすすめの術式かご説明致します。
おすすめ
こんな方におすすめ
治療の流れをご説明致します。
STEP1 問診
簡単な問診票に、患者様の病歴や手術歴、健康状態をご記入頂きます。
患者様の希望のサイズや形、質感をお伺いして、最適な豊胸方法を行うにあたり、問題がないかをドクターが見極めさせて頂きます。
矢印
STEP2 診察・カウンセリング
ドクターによるカウンセリングを行います。
患者様のご希望をお伺いした上でどの豊胸術が最適であるかをご納得頂けるまでご説明致します。
ピュアグラフト豊胸術のご不明点やご不安な点をドクターが丁寧にご説明致します。
矢印
STEP3 デザイン
脂肪を吸引する箇所、脂肪を注入する箇所を、直接患者様のお体に書き込み、理想のバストを作るためのデザインを行います。
この作業は、経験とデザインセンスを有し、仕上がりを左右する大切な作業となります。
矢印
STEP4 採血・麻酔
腕より採血をし、麻酔をします。
矢印
STEP5 脂肪吸引・ピュアグラフトでのろ過・脂肪注入
脂肪吸引後、ピュアグラフトで不純物を除去し、高純度の脂肪細胞を精製します。精製した脂肪細胞をご希望のデザインに合わせて注入していきます。

※脂肪細胞の定着率をさらに高めるため、患者様ご自身の血液から採取したW-PRPを濃縮脂肪と同時に注入する施術プランも実施しております。ご希望の方は、診察・カウンセリングの際にご相談ください。
矢印
STEP6 吸引箇所はサポーター着用
胸へ脂肪注入が完了したら、手術は終了です。
脂肪を吸引した箇所は、保護のためにサポーターを着用します。
1週間後に抜糸を行います。内出血が出ますが、2〜3週間かけて落ち着いてきます。
矢印
STEP7 胸は刺入部のみテープ保護
脂肪注入が完了したお胸は、注射針を刺入した部分のみ、テープで保護します。回復室で休憩して頂いたあとお帰りいただけます。
日常生活は翌日からいつも通りおくれます。
【腫れ】2〜3週間
【抜糸】1週間後(脂肪採取部)
【通院】2〜5回
【メイク】当日から可能
【シャワー】翌日から可能

料金
脂肪注入豊胸の料金です。料金

よくある質問
ピュアグラフト豊胸術をご検討中の方からよく頂くご質問の一部を紹介しています。 脂肪注入法との違いは何ですか?
お腹からの吸引ですと臍の中に傷を持ってくるので見えません。
他の部位でも目立ちにくい箇所を2MM位の傷ですので目立ちません。 お胸はアンダーラインの1か所ずつから注入しますのでほとんど気にならないと思います。内出血が多少出ますので1週間程は温泉などは控えたほうが良いと思います。



以前バッグを入れたのですが、ピュアグラフト豊胸術を受けられるでしょうか?
局所麻酔以外にも吸入麻酔や静脈麻酔、全身麻酔もございますので ご安心ください 。
術後は痛み止めでコントロールできますので翌日からお仕事も可能です。



術後はどのくらい腫れますか?
8割位の生着率です。そのことを見込んで多めに注入することをお勧めします。



どのくらいのサイズアップが可能ですか?
2カップアップ程度とお考えください。





豊胸の基礎知識を学んでください 執刀医の想い 料金のお悩み カウンセリング予約
メール相談カウンセリング予約