乳房再建とは

 乳がん手術を経験し、乳房を失ってしまった方へ

乳房再建は自家組織を用いて再建する場合は保険が効きますので大学病院の形成外科などで手術を行うことができますが、人工乳房(シリコンインプラント)を用いる場合は保険が適用になりません。自家組織を用いる乳房再建術は腹部や背中などの皮膚・筋肉を用いて再建するため、乳房以外に傷が目立ってします。人工乳房は乳癌を切除した傷よりインプラントを挿入するため新たな傷ができることはありません。 当院では人工乳房を用いた再建術を行っています。エクスパンダーによって乳房皮膚を拡張し、大胸筋下にシリコンインプラントを挿入します。乳癌の再発は皮下で発見されることが多いので大胸筋下に入れたインプラントは乳癌の再発の発見には影響がないと考えています。
大学病院で培った自家組織再建の乳房再建術の技術と美容外科での豊胸術の経験を生かし、
乳房を失った患者さんに最高の施術を提供できると確信しております。
医師

治療の流れ
治療の流れをご説明いたします。


問診 ライン 乳がん手術を受けてからの健康状態やお胸の状態を問診表にご記入頂きます。 患者様の希望のサイズや形、質感をお伺いして、乳房再建術を行うにあたり、お体に問題がないかをドクターが見極めさせて頂きます。
問診
矢印
診察 ライン ドクターによるカウンセリングを行います。
患者様のご希望をお伺いした上でどのように再建術を施していくかをご納得頂けるまでご説明致します。
インプラント豊胸のご不明点やご不安な点をドクターが丁寧にご説明致します。
診察
矢印
エクスパンダー ライン 乳がん手術を行った方が再建手術を行うにあたって、インプラントを挿入する皮膚が足りないため、皮膚組織の拡張を行います。
エクスパンダーという皮膚拡張器を大胸筋下に挿入します。
大胸筋下に挿入することで、乳がん再発を見逃すリスクを防ぐことができます。
エクスパンダー
矢印
乳房 ライン 大胸筋下に挿入したエクスパンダーに生理食塩水を注入していきます。
1週間に一度(様子を見ながら2週間に1度の場合もあります。)エクスパンダーに生理食塩水を足していき、皮膚組織が拡張しきった状態で、2ヶ月ほどパンパンの状態をキープします。
乳房
矢印
シリコン ライン 皮膚組織に十分な余裕ができたら、エクスパンダーを除去し、シリコンインプラントを挿入していきます。インプラント豊胸についてはこちらを参照してください。
シリコン
矢印
ライン 日常生活を送って頂きながら、定期的に通院して頂き、経過を観察していきます。 ドクターによる診察で経過に問題がなければ、その後の通院は不要です。
経過


料金
乳房再建の料金です。料金

質問
乳房再建をご検討中の方によく頂くご質問をご説明致します。 質問
再建手術を受けられる方は、基本的に片胸のみの適応ですが、 再建手術で片胸のみがハリのある胸になってしまう場合、失っていない方のお胸も合わせてインプラント豊胸や脂肪注入豊胸を行うことが可能です。両胸とも美しいお胸を取り戻すご相談は大変多くなっております。



質問
基本的には、放射線治療が終了して、皮膚の状態が落ち着いてからお受け頂きます。 患者様の心情を考慮して、お話し合いの上、最短で行えるようご相談させて頂きます。







豊胸の基礎知識を学んでください 執刀医の想い 料金のお悩み カウンセリング予約

メール相談カウンセリング予約